心電図モニターStudyBook
Normal | Mobile
心房粗動 atrial flutter(AF)
心房のいろいろな場所から、250~300回 / 分の頻度で規則的に刺激が起き、その動きはP波の代わりにギザギザのF波として記録されます。
心房からの刺激は、ほぼ一定のタイミングで心房まで伝達されます。
心房まで伝達される率が高くなり頻拍となると、動悸、血圧低下などを起こし、失神*することがあります
まれに1:1という比率もあり得ますが、この場合は脚ブロックを伴い幅広いQRSとなり、VTとの区別が難しくなりますが、どちらにしても緊急の措置が必要です。
また、心房細動(Af)よりは少ないですが、血液の流れがスムーズでないために血栓を作りやすい状況にあり、慢性化した場合には血栓症の予防が必要となります。
※AFに限らず、不整脈によって起きる意識消失発作を起こす病態をアダムス・ストークス症候群(Adams-Stokes syndrom)と言い、その発作のことをアダムス・ストークス発作と言います。
波形の特徴
  • 基線にノコギリ状の波(F波)がある
  • P波がない
  • QRSは正常と同じ形
  • R-R間隔は一定(F波とQRSの比率が変動することがあり、一定でなくなることもある。)
※F波とQRSの比率は、波形全体のいくつのうちQRSが1つ出るかで表します。
例えば、F波2こ、QRS、F波2こ、QRS、と続く場合は、3:1となります。
危険度
★★★★★(3/5)
last up date: 2014-10-11
LINEスタンプ作りました!
恋する猫ぐるみちゃん
日常のあいさつや、恋する乙女の一喜一憂をスタンプにしました♪
全スタンプ画像(高画質)
姉妹サイト
SNS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブ検索
Pixiv
このサイトについて
リンクはフリーです。
お問い合わせやご意見・ご感想などは、メインサイトのメールフォームよりお願いいたします。
タコの缶詰め
リンク